様々なカードローン会社の違いについて徹底比較してみる

カードローン会社が多すぎてよくわからない、という声を聞きますがその声はその通りだと思います。昔に比べたらかなり事業者の数自体は減っているみたいなんですけれども、それでも種類が多すぎるという声が跡を絶ちません。

それならカードローンについての違いをはっきりと比較して見ることが重要ではないかと思います。カードローン会社を大きく分けると二つになるのですが、一つが銀行系でもう一つが独立系です。

今やほとんどの会社が銀行系になってしまっていますが、銀行系というのは銀行の子会社としてカードローンを貸し出している会社です。どうして銀行がカードローン会社を使うかというと、自社では貸し出せない人たちまでお金を貸したいからです。銀行の審査は厳しいですから、なかなか普通には貸出できないですが、カードローンならそれより緩くても貸し出せるということで、銀行の傘下にはカードローンの会社がたくさんあるということになります。

もう一つの独立系は消費者金融の流れをくんでいるものなんですけれども、いわゆる銀行の傘下にあるわけではないカードローンです。じゃあ銀行系とどういう違いがあるか?というと、銀行系と法律の縛りが違って、消費者金融関連の法律で縛られているのです。なので、こちらのほうがかなり厳しく厳格な運用がされているのです。大きな資本の後ろ盾がない分、法律で縛らないと危ないという判断なのかもしれません。

大きく分けるとこの二つになりますが、これらを比較すると安心感では銀行系のほうが強いでしょう。ただ、法律の縛りがしっかりしている消費者金融系のカードローンでは、利率は高いですけれどもまず法律を破るようなことはしてこないという安心感もあります。利率も最近では法律が改正されて、かなり低くなっているので利用はしやすいと思います。

銀行系のカードローンについてはほとんど差がないと思ってもらっていいと思います。どれも利用した時の金利なども変わらないし、支払いもほとんどがコンビニやインターネットでの支払いができるようになっていて、便利になっています。意外に利用してみたらわかりますが、どれも変わらないのが現実なんですよね。

閉じる