貸出をこれ以上しないように停止することはカードローンでできるのか

カードローンの利用は非常にバランス感覚の必要なことです。借入れをしすぎるとそれが原因で生活が苦しくなることも多いですし、少なすぎるとそもそも生活ができないということもあります。また利用するものについてもかなり差があります。

例えばですがカードローンの借金として多いのがギャンブルについてです。ギャンブルがやめられないような人たちはギャンブルのためのお金をカードローンから借入して、それをギャンブルにつぎ込みます。競馬だったりパチンコだったり…

当然それで勝てる人というのはほとんどいないわけで、ほとんどの人はそれが原因で借金を増やしてしまいます。そうなると危ない橋を渡る事にもなったりするので、こういうことは避けたいものです。多くの一般の人達は思うでしょう。

そこで使えるのが貸出を停止するための方法です。この方法は一般には驚くほど知られていないと思いますが、この方法を利用すればいくらでも借入をしてギャンブルや酒に使うような人たちを止めることができます。もちろん自分自身を止めることだってできるのです。

その方法が貸出自粛登録というものです。カードローンの業者に貸出自粛登録をしておけば、信用情報の中に「この人には貸出しないようにする」というような情報が残ります。そしてカードローン会社間でそれらの情報はやり取りされて、どこからもお金を借入でいない状況になるというわけです。

つまり借入れの停止ができるわけで、この停止措置は家族にもやろうと思えばできる方法です。一番いいのは本人自身が行うことでしょうが、最悪の場合は家族が止めることができるというのを知っているだけでも、かなりありがたいことではないでしょうか。

もし不安に思っている人がいるのであれば、利用停止できる方法である貸出自粛登録というものを覚えておくといいでしょう。それによって人生が救われるかもしれないですし、家族や自分の人生を大きく変えることにつながるかもしれません。

意外に知られていないこの方法ですが、利用の仕方によっては非常に使えるものだと思います。

閉じる