カードローン 即日融資

低金利だけがカードローンじゃない!即日融資は時に金利を上回る

低金利ばかり見ていて気付けないこと

カードローンは低金利こそが理想的…というのは僕の今でも揺るぎない事実なのですが、低金利だけがカードローンに求められる条件ではありません。それを知るのに少し時間がかかってしまいました。今でこそ勉強になったと言えますが、当時の無知ぶりを書いていくというのは、少し気恥ずかしい気もします。

当時の僕は中途半端にカードローンに対する知識を身に付けていたせいか「カードローンはとにかく金利だけを見て決めればいい」と断言していました。まだカードローンに申し込む前からそんな調子だったのですから、どれくらい当時の僕がどれだけ視野が狭いかお分かりだと思います。

そしてついに身に付いた知識を活かすべくカードローンに申し込む時がやってきました。低金利こそが至上と思っていたので当然消費者金融には目もくれませんでしたが、当時はもう一つの問題も抱えていました。それはとても急ぎでお金が要るという事です。

銀行というのは確かに低金利が魅力ですが、同時に審査が厳しく、遅いというのも特徴です。もしもこの時僕が急ぎで無ければそこまで気にしないかもしれませんが、一刻も早い融資が必要なため、申し込みから審査、融資まで出来ればその日のうちに終えられる方が都合がいいのです。つまりは、即日融資を必要としていたのです。

その時、ようやく僕は金利以外のサービス…即日融資に関わる部分でも比較を始めたのです。すると当初は見向きもしなかった消費者金融…無人契約機や即日融資の強みを知り、金利以外でも借り入れは見るべきところがあると悟ったのです。これが自分の成長にも繋がるなんて、当時は考えていませんでしたね。

消費者金融の強みは即日融資にあり

そして消費者金融に申し込んだおかげで、無事に即日融資が受けられて、今でも消費者金融で作ったカードローンは所持しています。今でも低金利に越したことはないと思っていますが、消費者金融の時間を選ばない強みというのもまた、時には金利に並べるくらいの魅力であると理解できたのです。

今では友人にオススメのカードローンを聞かれても、金利以外でも勧められるようになりました。金利が安いのに越したことはありませんし、最高の融資を受けるには低金利も必須ですが、やっぱり自分に合ったサービスの有無も見ないとダメですよね。それが分かっただけでも、この時の経験は無駄ではないと自負できます。皆さんも急ぎの借り入れの時は良く見てみてくださいね。

知らないと損をする!?フリローンとカードローンの違いとは

フリーローンという言葉を聞いたことがある人、いると思います。あまり馴染みのない言葉だという人もいるかもしれませんが、その中身というのは見たままの言葉を指しています。つまりフリーのローン、自由に使い道を決めずに使えるローンということです。住宅ローンや自動車ローンのような使い道が決まっているものと違って、使い道を申告したりせずに自由に決めることができるのです。このフリーローンは実は銀行のものもあれば、カードローンのものもあるのです。

銀行のものはフリーローンとして売りだされていますが、ほとんどが担保が必要になってきます。担保があるからフリーローンの金利もかなり低めに設定されています。中には銀行が直接貸してくれるフリーローンでも、担保が必要ないものもあるのですが、これは少しだけ金利が高めに設定されています。といってもさすがに銀行ですから、審査も厳しく金利もカードローンに比べたらかなり低くなっています。

一方のカードローン型ですが、こちらは普通に使っていたとしてもフリーローンの物が多いです。ただ、場合によってはなんでも利用は可能なのだけれども、事業用だけは使ってはいけないというものもあります。つまり企業のために使ったり、自分の個人事業のために使うようなことだけは禁止しているものもあるのです。いちいち調べるのかどうかはわかりませんが、そのように決まっているものもあるので注意してください。

フリーローンとカードローンの違いというと特にありませんが、上記にあげたような違いはあるので覚えておいたほうが損はしません。つまり銀行系のフリーローンを使うことで金利を安くできるということと担保があれば更に安くなるということが一つです。もう一つがカードローン系の場合は利用は自由だけれども、中には事業用に使うのだけは禁止をしているところがあるということです。金利は銀行よりも高めの、消費者金融レベルだと思ってもらえばいいでしょう。

というように、特に大きな違いはないのですがある程度銀行のものとカードローンのものが違うということを知っておけば金利を安くすることもできるかもしれないので、覚えておいて損はないと思います。

本当に審査が甘い消費者金融というのは存在するのか

借金をするときに一番最初に困るのが「審査に通るだろうか」ということでしょう。審査に通るまではドキドキの連続になってしまいます。無事その後審査をパスすることができれば借入が可能になります。この一連の手順というのは別にカードローンなどの消費者金融などだけに限りません。住宅ローンや自動車ローンのような大きな貸付についても同じ事が言えるし、一般的な企業の事業に使うお金の融資だって同じように審査というものがあるのです。お金を借りるという行為において、これだけは避けられないようになっています。

カードローンを利用している人たちにとっては「この業者は審査が甘いらしい」という話を何処かで聞いたりしたことがあると思います。確かにそういう話はあるのですが、本当にカードローンの中にそのような審査が甘い業者というのは存在するのか?と疑ったことがある人は多いでしょう。結論から言えば、そういう審査が甘いカードローンというのは存在します。が、そういう業者のほとんどは中小だったり地元のカードローン業者だったりするのです。

言い換えれば大手のカードローン業者、例えば銀行系のカードローンなどでは審査が甘いというところはほとんどないと思っていいでしょう。なぜかといえば大手は金利も低めに設定されていて、出来るだけ貸し倒れがないような方針で貸付を行なっています。つまり、大手のカードローンは全て優良顧客にだけ貸出をするようになっているので、審査が厳しいのです。

対して中小の業者はそういった優良顧客は全て大手が取って行ってしまいます。だからそういうところで借入ができなかった人、審査が通らなかったような人たちをターゲットにしているのです。だから審査が甘いとよく言われているわけです。当然そのために金利も高めに設定されていますし、返済のための条件なども厳しくなっている傾向にあります。

借入れがどうしても今すぐに必要という気持ちもわかりますが、その時に中小のカードローンを利用するというのは少し考えてからやったほうがいいかもしれません。

銀行総量規制の法律はどのように借入れに影響しているか

数年前に法律が改正されてからというもの、貸金業者の間では大きな再編が起こりました。その再編の元になった法律改正というのが銀行総量規制です。この法律がカードローンなどにも適用されるようになり、どのようにしたらいいのかと多くの貸金業者が頭を悩ませる事になったのです。

そこでひとつの会社がある判断を下したのです。それは銀行総量規制の対象にならないということです。この法律は貸金業者向けの規制の法律であって、銀行ではそのような規制はありません。もし銀行にそのような規制があるのだとしたら、間違い無く中小企業の社長は借入れができなくなって倒産してしまうでしょう。それくらい銀行に法律を適用するのは馬鹿げていたのです。

だからこそ貸金業者は銀行系カードローンとなっていったわけです。つまり貸金業法の中で活動をしていると、この銀行総量規制の適用をされてしまうので、商売が難しくなりますが、銀行のもとであれば規制されることはないのです。ある貸金業者が方針転換をしてから、ほとんどのカードローンはこの規制外に置かれることになったのです。不思議なことに、国もあまりこのことについては文句をいう事はなかったそうです。

もともとこの銀行総量規制というのは年収の3分の1を超えるような貸付を禁止するものです。借入れを禁止するのではなく、貸付を禁止しているので、罰則は業者側に行くことになっています。だから貸出ができなくなる可能性が高いと睨んだ貸金業者が、銀行系カードローンになっていったというわけです。もちろん今でもこの規制の中で仕事をしている業者はありますが、ほとんどが中小の小さなところばかりです。

結果的にカードローンがこのように流行しているというのは、この法律が大きく影響しているといえるでしょう。つまり銀行系カードローンはこの法律の適用外で使いやすいから多くの人が使っているわけで、他の貸金業法に関わる業者にとっては法律が適用されるので貸出が鈍り、借入をするユーザーにとっても使いにくいものになったというわけです。

影響は大きかったですが、こういう工夫を業者側がしてくれたおかげで、我々ユーザー側も非常に助かっていますね。

銀行系と一般のカードローンに違いはあるのか

近年銀行系カードローンの勢いが増してきています。銀行系カードローンというのは銀行が子会社にしているカードローンのことなんですが、元々これは歴史的な背景があります。消費者金融業者というのは昔はサラ金という名前で呼ばれていました。サラリーマン金融を略してサラ金だったのですが、これがかなり評判が悪かったのです。玉石混交の業者が沢山いたからだと言われています。

そのサラ金から消費者金融が出てきてイメージアップができたのですが、その後銀行が再編されて大きく3つのメガバンクとネット系銀行に分かれて行きました。その時に銀行系カードローンが生まれたのです。簡単にいえば、赤字で大変だったから新しい商売を探していたというわけです。これは一部では批判があったようです.

とは言え銀行系カードローンは毎月その銀行口座から勝手に引き落としをしてくれて返済が楽であるとか、ネットローンも簡単にできるし、コンビニでも使えるしとかなり便利ではあるのですが、他のカードローンとの違いは?といわれるとやはり銀行系だけのメリットは大きいようです。

銀行系カードローンは引き落としが可能ですし、その銀行とのタイアップのイベント企画であるとか、色々なサービスをしてくれたりもします。独立した消費者金融系の者についてはなかなかそういったことはないので、違いは大きいです。そして銀行系カードローンの方が大きなメリットを持っているといえるでしょう。

最近ではテレビでもCMがたくさん流れるようになって、違いはわからないけれどもここなら信用できそうな気がするといった感じで利用している若い人たちは多くなって来ました。当然年齢が高い人達も、銀行が後ろ盾にあるからこれなら安心できるというように、今までの消費者金融などに比べて利用している人は増えているようです。

銀行系カードローンは銀行の数が限られているように、カードローンの数も限られています。どれがいいかは比較して自分の生活や自分の出費に合わせないと行けないと思いますが、違いはそこまでありませんのでまずは少額から初めてみるのがいいでしょう。

借入の返済が払えない緊急の時の対象方法

「借金をしているけれども支払いが滞ってしまいそうだ」「今月はちょっと返済が難しそうだけど、どうしたらいいんだろう」というようなことが、カードローンを借入していたらよくあります。まぁ毎月のように「返済するのは嫌だな」と思うことはありますが、だからといってあえて返済しないということはしないものですが。そんな返済に困ったときにはどうするか、ほとんどの人はここで誰かから借りたお金で返済しようと思うでしょう。もしくはどこか違うカードローンで借り入れたお金を使って返済をしようと思うかもしれません。

たしかにそれもひとつの方法かも知れませんが、あまりオススメ出来ません。たくさんのカードローンを使ってしまうと返済金額を払えないことが可能性として多くなりますし、お金を払えないだけじゃなくて管理もめんどくさくなります。そうなると多重債務者になってしまいますからやらないほうがいいわけですが、とはいえ返済が遅れるということはやってはならないことです。となると他の方法を考えないといけないのですが、その方法というのが相談することです。

カードローン会社に相談して「今回はこういう理由で返済が一度だけ遅れてしまいそうだ」ということを相談してみてください。何も言わずに遅れてしまったらペナルティがありますが、こうやって相談することで相手もわかってくれることがあります。もちろんそれ相応に理由が必要で、その理由が沢山競馬にお金を使って無くなってしまったというのであれば、それは返済期限を遅らせたりすることはありません。

相談をすれば全部が全部認められるわけではないですが、カードローンの会社によっては返済を一時的に遅らせてくれたりすることもあります。カードローン会社によっては払えない理由が妥当であると判断した場合、1ヶ月遅れや1週間遅れでも許可してくれることがあるのです。それによって救われる人はたくさんいるのですが、恥ずかしいからか知らないからか、相談をしない人はたくさんいます。でもそれはすごくもったいないことなんです。

払えないと思ったらまずは相談、このクセを着けるだけでも随分変わってくると思いますよ。

様々なカードローン会社の違いについて徹底比較してみる

カードローン会社が多すぎてよくわからない、という声を聞きますがその声はその通りだと思います。昔に比べたらかなり事業者の数自体は減っているみたいなんですけれども、それでも種類が多すぎるという声が跡を絶ちません。

それならカードローンについての違いをはっきりと比較して見ることが重要ではないかと思います。カードローン会社を大きく分けると二つになるのですが、一つが銀行系でもう一つが独立系です。

今やほとんどの会社が銀行系になってしまっていますが、銀行系というのは銀行の子会社としてカードローンを貸し出している会社です。どうして銀行がカードローン会社を使うかというと、自社では貸し出せない人たちまでお金を貸したいからです。銀行の審査は厳しいですから、なかなか普通には貸出できないですが、カードローンならそれより緩くても貸し出せるということで、銀行の傘下にはカードローンの会社がたくさんあるということになります。

もう一つの独立系は消費者金融の流れをくんでいるものなんですけれども、いわゆる銀行の傘下にあるわけではないカードローンです。じゃあ銀行系とどういう違いがあるか?というと、銀行系と法律の縛りが違って、消費者金融関連の法律で縛られているのです。なので、こちらのほうがかなり厳しく厳格な運用がされているのです。大きな資本の後ろ盾がない分、法律で縛らないと危ないという判断なのかもしれません。

大きく分けるとこの二つになりますが、これらを比較すると安心感では銀行系のほうが強いでしょう。ただ、法律の縛りがしっかりしている消費者金融系のカードローンでは、利率は高いですけれどもまず法律を破るようなことはしてこないという安心感もあります。利率も最近では法律が改正されて、かなり低くなっているので利用はしやすいと思います。

銀行系のカードローンについてはほとんど差がないと思ってもらっていいと思います。どれも利用した時の金利なども変わらないし、支払いもほとんどがコンビニやインターネットでの支払いができるようになっていて、便利になっています。意外に利用してみたらわかりますが、どれも変わらないのが現実なんですよね。

貸出をこれ以上しないように停止することはカードローンでできるのか

カードローンの利用は非常にバランス感覚の必要なことです。借入れをしすぎるとそれが原因で生活が苦しくなることも多いですし、少なすぎるとそもそも生活ができないということもあります。また利用するものについてもかなり差があります。

例えばですがカードローンの借金として多いのがギャンブルについてです。ギャンブルがやめられないような人たちはギャンブルのためのお金をカードローンから借入して、それをギャンブルにつぎ込みます。競馬だったりパチンコだったり…

当然それで勝てる人というのはほとんどいないわけで、ほとんどの人はそれが原因で借金を増やしてしまいます。そうなると危ない橋を渡る事にもなったりするので、こういうことは避けたいものです。多くの一般の人達は思うでしょう。

そこで使えるのが貸出を停止するための方法です。この方法は一般には驚くほど知られていないと思いますが、この方法を利用すればいくらでも借入をしてギャンブルや酒に使うような人たちを止めることができます。もちろん自分自身を止めることだってできるのです。

その方法が貸出自粛登録というものです。カードローンの業者に貸出自粛登録をしておけば、信用情報の中に「この人には貸出しないようにする」というような情報が残ります。そしてカードローン会社間でそれらの情報はやり取りされて、どこからもお金を借入でいない状況になるというわけです。

つまり借入れの停止ができるわけで、この停止措置は家族にもやろうと思えばできる方法です。一番いいのは本人自身が行うことでしょうが、最悪の場合は家族が止めることができるというのを知っているだけでも、かなりありがたいことではないでしょうか。

もし不安に思っている人がいるのであれば、利用停止できる方法である貸出自粛登録というものを覚えておくといいでしょう。それによって人生が救われるかもしれないですし、家族や自分の人生を大きく変えることにつながるかもしれません。

意外に知られていないこの方法ですが、利用の仕方によっては非常に使えるものだと思います。

注意不足で借入れができなくなる典型的なパターンとは

日本ではカードローンを利用して借入れをしている人は無数にいます。コンビニでもカードローンの返済や借入れ、追加融資などをしてもらうためにATMに並んでいる人はたくさんいます。そうやってお金をやりくりしながら生活をしているわけですが、借入れができなくなるようなパターンというのもあります。つまりカードローンを使えなくなるパターンなのですが、これはしっかりと押さえておかないと危ないのでもし知らないのであれば、覚えておくべきでしょう。

カードローンが利用できなくなるパターンはいくつか存在しますが、どうしようもないものもあります。例えば失業していて収入がないであるとか、他に借金が沢山あるから貸してもらえないという場合です。こういう場合はその原因を取り除く、つまり職についたり他の借金を返さないといけないのでどうしようもありませんが、注意しておけば防げることもたくさんあるのです。

その典型的な一つが借入れの返済日を遅延してしまう場合でしょう。返済遅延は本当に危ないので気をつけたほうがいいです。遅延一回ですぐに利用停止になったり、借入枠がグッと減ってしまう場合もあります。それを回復させるためには時間がかかりますし、その間は信用を作るためにも、必ず返済に遅れないようにする必要があります。一度不注意でそのような返済に遅れてしまうと、後々大変なのです。

また注意不足の一つとして借入の時の金利を確認していないというのもあります。カードローンの年利については条件によってかなりの幅があるものですから、その幅を確認せずに借入をしてしまうことがあれば、支払額に誤解が生じてしまいます。誤解しやすいかもしれませんが、少額融資の時には特に「金利はいくらなのか」をしっかりと注意しておくべきでしょう。

注意しておけばいくらでもなんとかなることはたくさんあります。それを不注意だったためにいきなり利用停止になったりすることもあるのです。それはかばうことができない、自分のミスでしかありません。誰も擁護してくれないので、必ず自分自身で注意しておきましょう。

キャッシングをするメリットとデメリットの比較

お金が足りないとき、もしくはこれからの出費に備えて銀行口座や現金を手元に置いておきたい時があるでしょう。そういう時にはカードローンを利用すると思いますが、カードローンでキャッシングするのはそれなりにメリットがあるからやっているのだと思います。メリットだけでなくデメリットもあるとは言えるので、メリット・デメリットの比較をしておいたほうがいいと思います。そのほうが使っていて安全ですし、得をすることも多いでしょう。

まずカードローンをキャッシングするときの一番のメリットと言えば、急な対応が出来るというところでしょうか。急な対応、つまりお金が必要だとなった時にいきなりお金を用意することは意外に難しいものです。友人や親がお金を貸してくれない場合もありますが、このカードローンを利用すれば、貸してもらえないということはよっぽどのことがない限りはありません。

そのよっぽどのことというのがだいたいの場合において枠を使い切っている場合、もしくは借入れの多重債務になっていたり、ブラック扱いされている時などは借入をすることができません。これはデメリットの一つと考えられると思います。これが一番の不安だと思うのですが、使いすぎることによって返済できなくなるという不安です。

こういうデメリットについては一切回避できないのかというとそうではなく、使い方次第によっては回避も可能ということになります。ブラックにされないために返済を頑張って期限内に行うとか、借入をする場合は一社だけにしておくなどの取り決めを自分でしておけば、デメリットを回避出来ます。

メリットについてはよく精査をしないと損をする可能性は高いです。利用の仕方によっては得をするものも、実はやり方次第ではメリットが薄まったりサービスの特典を受けられないといったこともありえます。カードローンで得をするためには必ずそのメリットがどういう条件で発生するのか、それをはっきりと認識しておく必要があります。

このようにメリットとデメリットは双方あるものですから、利用するときにはそれらを比較して利用すると、カードローンも得になると思われます。

なぜカードローンを安心して使えるのか

「カードローンってどうなの?なんだか心配になって使えない」という友人がいます。まぁ確かにそのとおりかもしれません、なんせお金を借りるのですから不安はあるでしょう。不安がない人のほうが少ないと思いますが、これは使えば使うほど徐々に慣れていくものです。初めて使う人のほうがおそらく不安が大きくなるのだと思います。

カードローンが安心というのにはいくつかの理由があります。ひとつが長く使っているから慣れているというものです。一度・二度と使っていくうちに「ここまでは大丈夫だ」とか「これは失敗したな」というような使い方がわかってきます。少し失敗は合ったとしても安心して使える範囲というのがわかってくるのです。

もう一つの理由はその危険性をしっかりと認識するかどうかでしょう。不安に思っている人というのはたいてい「なんとなく不安で怖い」というように思っているものです。危険性をしっかりとわかっている人にとっては、こういう事はないというのはわかっています。どの程度まで借入れをしたら利率がかかっても返済できるのか、多重債務にならないものはどの程度までかというのをしっかりと計算していればまず間違いなく大丈夫です。

そしてもう一つの理由としてはカードローン以外のもっと危ない金融機関があるというのを認識しているか、経験している人です。担保や保証人になることを強要するような違法な金融機関などと関わったことが合ったり、話を聞いたことが有るようなばあいは圧倒的にカードローンというのは安心して使えるルールになっています。法律でもしっかりと縛られていますし、親会社がすごくしっかりしている所も多いですから、安心して使えるのです。

安心して使えないという人も多いかもしれませんが、安心して使うためにもまずはどういう風に利用したら安全安心なのかを考えるべきです。不安の元はたいてい金利とその返済に関することだと思いますから、シミュレーションをしっかりと行うことで、十分対策をすることが出来ると思いますよ。